HOME >> モダニズムとハーレム・ルネッサンス

書籍詳細

モダニズムとハーレム・ルネッサンス

黒人文化とアメリカ

モダニズムとハーレム・ルネッサンス

定価:本体2,000円+税

ISBN:978-4-624-11193-9

ISBN[10桁]:4-624-11193-1

発行日:2006年4月10日

判型:四六並製

ページ:214

Cコード:C0022

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

ヒューストン・A・ベイカー・ジュニア
小林憲二

アメリカ黒人の芸術家や知識人が小説・詩・音楽・絵画などさまざまな文化表象の分野でおおいに活躍した1920年代のハーレム・ルネッサンスから、アメリカ黒人文化の原風景を遡る。「ミンストレル・ショー」やブルースについて縦横に論じつつ、随所に自伝的要素ももりこみながら「もうひとつのアメリカ文化史」を描き出す。ヘンリー・ルイス・ゲイツ・ジュニアとならぶ黒人研究者・文学理論家の日本初訳。

目次

序 黒人文化をめぐる「モダン」の規準
第1章 白人中心主義を超える可能性
第2章 ハーレム・ルネッサンスは「失敗」だったか?
第3章 ミンストレル・ショー――仮面に宿る精神
第4章 『奴隷から身を興して』――形式の修得
第5章 『おれたちは仮面をかぶる』対『女まじない師』
第6章 戦略としての「形式の修得」と「修得の変形」
第7章 キャリバンから『黒人のたましい』へ
第8章 『新しいニグロ』――民族的な自己表現
第9章 ハーレム――アフリカ的世界共同体の中心地
第10章 ハーレム・ルネッサンスを超えて文芸復興主義へ
第11章 ブルース的地勢図がもたらす救済の音色


訳者あとがき
索引

関連書籍

ネルソン・マンデラ

ネルソン・マンデラ

ジャンル : 歴史 >> 伝記・評伝

ジャック・ラング 著 / 塩谷敬

定価: 本体2,600円+税    ISBN: 978-4-624-11204-2    発行日: 2010年8月10日

本書の関連書籍