HOME >> 村のなりたち

書籍詳細

村のなりたち

村のなりたち

定価:本体2,000円+税

ISBN:978-4-624-22104-1

ISBN[10桁]:4-624-22104-4

発行日:1966年9月22日

判型:四六

ページ:236

Cコード:C0339

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

宮本常一

ジャンル : 民俗・民芸 >> 宮本常一

シリーズ : 日本民衆史

〔日本民衆史〕『開拓の歴史』の各論にあたる本書のなかで、著者は村のなりたちを古代からおこし、豊富な具体例をまじえながらその変遷と残存のダイナミズムを描く。村の見方を知る好適書。

目次

 一 郷と耕地面積
 二 古代の村の構成
 三 郡の長
 四 漁猟から農耕へ
 五 古い畑作の村
 六 古い山村――天竜川東岸山地
 七 山村の変貌
 八 村――異姓者の集団
 九 村と名
一〇 村の増加
一一 名主退転
一二 村の自衛
一三 祭き組合
一四 念仏衆の発展
一五 一結衆
一六 僧の講から民衆の講へ
一七 村の自治と念仏宗
一八 いろいろの講
一九 小庵の役割
二〇 郷の残存
二一 結び

 あとがき