HOME >> 恒藤恭の青年時代

書籍詳細

恒藤恭の青年時代

恒藤恭の青年時代

定価:本体5,800円+税

ISBN:978-4-624-30099-9

ISBN[10桁]:4-624-30099-8

発行日:2003年10月30日

判型:四六

ページ:508

Cコード:C0032

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

山崎時彦 編著

ジャンル : 政治・法 >> 法学・法思想

ジャンル : 歴史 >> 自伝・回想録

ジャンル : 文学 >> 創作・エッセイ

本書は、2001年8月7日に急逝した『若き日の恒藤恭』の著者・山崎時彦氏が生前に書きためた法哲学者・恒藤恭(つねとうきょう)に関するノート(第二部)を中心に、恒藤が青年時代に執筆した文学作品・回想(第一部)を合わせて所収する。第一部「遙かなる故郷」「新しきものと若き心」「思索への道」、第二部「恒藤(井川)恭の法哲学思考」「恒藤恭の青年時代と信仰」「恒藤(井川)恭の京大学生生活」など。

目次

第一部 恒藤恭作品

I 遙かなる故郷

 想い出の松江――人と風物――
 ふるさとの味
 明治時代のおもい出
 父のおもひ出
 一番会いたい人──亡き母親──
 水郷のおもい出
 嬉しいお正月
 短歌・俳句
 山の宿
 時代の反影
 島根県立第一中学校の歌
 大宇宙
 蜆取り
 無我無為録(抜粋)

II 新しきものと若き心

 赤城の山つゝじ
 一高生活の思い出
 小品数章
 紫陽花
 片原川
 城山にて
 新しきものと若き心
 むさし野
 レエタ・アキリア

III 思索への道

 静けき悩み
 わが青春時代の生活
 京大時代の寮生活
 大正の初めの頃
 読書のおもい出
 短歌
 夜想曲
 みとせ経て
 冬
 清水で
 窓
 青白きわが額をなが膝のうえにおく
 おもひ出
 王冠をつくる人
 土佐から
 山上
 珊瑚を砕く
 友人芥川の追想


第二部 評伝

はじめに

 思い出の半生
 父と母、祖父母、きょうだい

第一章 恒藤(井川)恭の法哲学志向――その端緒期

 はじめに
 第一節 故郷松江での静養三年間
 第二節 在京三年余と文学志望の行方
 むすびに代えて

第二章 恒藤(井川)恭の青年時代と信仰――序説

 はじめに
 一 中卒前後の井川の健康と生活(略)
 二 

関連書籍

早春腥風

早春腥風


事変下の大学生活

ジャンル : 歴史 >> 自伝・回想録

山崎時彦

定価: 本体2,200円+税    ISBN: 978-4-624-50096-2    発行日: 1991年12月20日

本書の関連書籍

遠い日のうた

遠い日のうた


大正・昭和初期の頃

ジャンル : 歴史 >> 自伝・回想録

山崎時彦

定価: 本体1,200円+税    ISBN: 978-4-624-50079-5    発行日: 1988年11月10日

本書の関連書籍

日和見主義者とは何か

日和見主義者とは何か

・ハリファックス 著 / 山崎時彦 山口孝道

定価: 本体1,800円+税    ISBN: 978-4-624-11101-4    発行日: 1986年12月10日

本書の関連書籍