HOME >> ウェーバー研究の諸論点

書籍詳細

ウェーバー研究の諸論点

経済学史との関連で

ウェーバー研究の諸論点

定価:本体3,800円+税

ISBN:978-4-624-32164-2

ISBN[10桁]:4-624-32164-2

発行日:2001年5月25日

判型:四六

ページ:342

Cコード:C0033

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

田中真晴

昨年急逝した経済学史家の、 自身が愛着をもち学界からも刊行の待たれた論文集 (第一部 ウェーバー研究の諸論点、 第二部 経済思想史論考)。 第一部はウェーバーの方法論、農政論、ロシア論、貨幣論についての開拓者的研究。 第二部は 「貨幣生成の論理」、 「ヒュームの死とスミス」等。 著者の学問、思想、人柄にふれた田中秀夫氏の一文を付。

目次


第一部 ウェーバー研究の諸論点

 第一章 因果性問題を中心とするウェーバー方法論の研究
 第二章 マックス・ウェーバーにおける農政論の構造
 第三章 ウェーバーのロシア論研究序説
 第四章 マックス・ウェーバーの貨幣論新資料
     ──ウェーバーのクナップ宛、一九〇六年七月二一日付書簡──
 第五章 ウェーバーの貨幣論

第二部 経済思想史論考
 第一章 貨幣生成の論理
 第二章 ヒュームの死とスミス
 第三章 一八九〇年代初頭の経済学会──イギリス──
 第四章 社会主義像と思想の問題

付・書評三篇

 1 内田義彦編『古典経済学研究』上巻
 2 新しいマルクス伝を読む
 3 杉山忠平編『自由貿易と保護主義──その歴史的展望──』

あとがき

田中真晴先生の学問、思想と人柄──解説に代えて(田中秀夫)


関連書籍

比較史のなかのドイツ農村社会

比較史のなかのドイツ農村社会


『ドイツとロシア』再考

肥前榮一

定価: 本体4,500円+税    ISBN: 978-4-624-32173-4    発行日: 2008年3月10日

本書の関連書籍