HOME >> ロッシャーとクニース

書籍詳細

ロッシャーとクニース

ロッシャーとクニース

定価:本体2,800円+税

ISBN:978-4-624-40032-3

ISBN[10桁]:4-624-40032-1

発行日:2001年5月25日

元版年:1988、1956

判型:四六

ページ:304

Cコード:C0036

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

マックス・ウェーバー
松井秀親

ジャンル : 社会

ジャンル : 哲学・思想 >> ヴェーバー

ドイツ歴史学派の創始者ロッシャーとクニースの歴史的方ウェーバーの方法的概念についての、1903年に発表された重要論文。法と国民経済学の連関を、怜悧な科学的精神で批判した、 神経症克服後の最初の重要な業績。ウェーバーの方法論的諸概念が未整理のまま素材的に包蔵され、研究者のアプローチの仕方で様々な意味を持つ。

目次

I ロッシャーの歴史的方法

  ロッシャーの科学の分類
  ロッシャーの発展概念と現実の非合理性
  ロッシャーの心理学と古典派理論に対するその関係
  推論的認識作用の限界とロッシャーにおける有機体の形而上学的因果性
  ロッシャーと実践的規範および理想の問題

II クニースと非合理性の問題
  I 行為の非合理性
   クニースの著作の性格
   クニースにおける「意志の自由」と
      「自然の制約」との近代的諸理論に対する関係
   ヴントの「創造的合成」の範疇
   具体的な行為の非合理性と具体的な自然生起の非合理性
  「解明」(ドイトウンク)という「範疇」
   この「解明」という「範疇」に関する認識論的諸論議
    (1) 「主観化的」科学というミュンスターベルクの概念
    (2) ジムメルにおける「理解」と「解明」
    (3) ゴットルの科学論

III クニースと非合理性の問題(続)
    (4) リップスの感情移入とクローチェの「直観」

  「明証性」と「妥当性」
  歴史家の索出的「感覚」と「暗示的」叙述
  「合理的」解明
   因果性の範疇の二重の用法および非合理性と非決定論との関係
   クニースに

関連書籍

東エルベ・ドイツにおける農業労働者の状態

東エルベ・ドイツにおける農業労働者の状態

ジャンル : 哲学・思想 >> ヴェーバー

ジャンル : 社会

ジャンル : 歴史 >> ドイツ史・ドイツ研究

マックス・ウェーバー 著 / 肥前栄一

定価: 本体2,800円+税    ISBN: 978-4-624-32168-0    発行日: 2003年12月1日

本書の関連書籍