HOME >> それでもパレスチナに木を植える

書籍詳細

それでもパレスチナに木を植える

それでもパレスチナに木を植える

定価:本体2,000円+税

ISBN:978-4-624-41102-2

発行日:2016年11月25日

判型:四六判並製

ページ:230

Cコード:C0036

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

高橋美香 著・写真

ジャンル : ドキュメント >> 記録・ルポルタージュ

ジャンル : 芸術・美学 >> 写真・写真論

ジャンル : 歴史

絶望とわずかな希望のはざまで

前著『パレスチナ・そこにある日常』から6年、分離壁・入植地の増大、不当な逮捕・拘束はさらにエスカレートしている。
“自分にできることなどなにもないのではないか”と挫けそうになりながらもかの地の人びとに魅せられ通いつづけるカメラマンと、彼女を大きな愛で受け入れる「家族たち」との交流をとおして、「パレスチナ問題」の現実を描く。

目次

 プロローグ

二〇一一年
 ハムディとアブーラハマ家
 ハイサムとその家族
 村人たちの日常
 ナーブルス
 別れ

二〇一二年
 視察同行
 ジェニン難民キャンプのアワード家
 ベザリヤへ
 ビリン

二〇一三年
 死
 ある家族の喪失と再出発
 エルサレムの片隅で生きる
 ハムディの告白

二〇一四年
 それぞれの抵抗と闘い
 ジェニン それでも、木を植える
 ビリン オリーブ摘みの日々

 エピローグ

著者略歴

高橋美香(たかはし みか)
写真家。1974年広島生まれ。
パレスチナ、エジプト、アフガニスタン、彫刻家・金城実氏や、沖縄、震災被災地の宮古などで「困難」と闘う人々の日常を主なテーマとして撮影、作品を発表。アフガニスタン山の学校支援の会運営委員。
著書『パレスチナ・そこにある日常』(未來社)、写真集『ボクラ(Bokra)・明日、パレスチナで』(ビーナイス)。
http://blogs.yahoo.co.jp/mikairvmest/