HOME >> 父・木村素衞からの贈りもの

書籍詳細

父・木村素衞からの贈りもの

父・木村素衞からの贈りもの

定価:本体1,800円+税

ISBN:978-4-624-50046-7

ISBN[10桁]:4-624-50046-6

発行日:2002年11月30日

元版年:1985

判型:四六

ページ:198

Cコード:C0037

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

張さつき

ジャンル : 社会 >> 教育問題・教育学

ジャンル : ドキュメント >> 記録・ルポルタージュ

教育哲学者であり、信濃教育会に深い影響を与えた木村素衞氏は、信州講演の旅のさなか急逝した。その学問と人間愛あふれる人生を、父への思慕の情をこめてつづる感動の記録。

目次

 本書に寄せて  下村寅太郎

 一 黄色いバラの花
    新井先生の病状悪化
    父の死の記憶
    十三回忌
    新井先生
    信州をみつめて

 二 サナギ
    一枚のハガキ
    父からの贈物

 三 記念碑
    四つの碑
    子どもたちの誓い

 四 ふるさと橋立
    出世の地
    北前船全盛時代
    北前船の四季
    木村又兵衛
    船主・木村家
    少年時代
    ふるさととの別れ

 五 京都での生活
    京都府立一中入学
    京都の文化に出会う

 六 青春
    藤江家との交遊
    初恋
    肋膜再発
    廉子の病
    愛と闘病
    廉子の死

 七 京都帝国大学入学
    又平の病死
    初めて西田先生を訪問
    京大哲学科へ
    学問への情熱
    卒業論文

 八 結婚
    山川家との縁
    結婚
    新婚生活
    妻・京子
    長女誕生
    叔父・山川幸世
    『フィヒテ』の翻訳

 九 広島時代
    広島大へ赴任
    貧乏ということ
    「一打の鑿」を構想
    京大教育学へのさそい

 十 信州文化と教育」の中から

 あとがき

 木村素衞略年譜

関連書籍

二人介護のはざまを生きる

二人介護のはざまを生きる


サンセットの街神戸から

ジャンル : 社会 >> 看護・医療・福祉

ジャンル : ドキュメント >> 記録・ルポルタージュ

張さつき

定価: 本体1,600円+税    ISBN: 978-4-624-50132-7    発行日: 2003年4月25日

本書の関連書籍

母の贈りもの

母の贈りもの


神戸に暮らして

張さつき

定価: 本体1,700円+税    ISBN: 978-4-624-50119-8    発行日: 1997年1月17日

本書の関連書籍

菩提樹(リンデンバウム)の花咲く国で

菩提樹(リンデンバウム)の花咲く国で


一主婦、ドイツに生きる

張さつき

定価: 本体1,200円+税    ISBN: 978-4-624-50031-3    発行日: 1981年12月20日

本書の関連書籍