HOME >> 袋物のはなし

書籍詳細

袋物のはなし

袋物のはなし

定価:本体1,600円+税

ISBN:978-4-624-50095-5

ISBN[10桁]:4-624-50095-4

発行日:1992年3月15日

判型:四六

ページ:224

Cコード:C0036

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

森南海子

裁ち布の残り布から生まれた袋物たち。おしゃれな袋物、仕事や暮しの智恵に息づく袋物など80種類の一つ一つに心を添わせ、いとおしみをこめて語る折々の思い、とっておきの話

目次

1 消えゆく袋たち
  暮らしから消えゆく袋たち
  里の便り
  大米袋
  やさしい手さげ
  頭陀袋
  男の手さげ
  コーランを容れる袋
  匂い袋
2 袋の中の私
  手さげ袋
  バッグに棲む宝物たち
  からだの一部のようなバッグ
  女の荷物男の荷物
  病院の小袋たち
  ブックカバー
  弘法市で
3 袋に託すもの
  目の不自由な人の手さげ
  宝袋
  宮脇綾子先生の手づくり手さげ
  安心袋
  風呂敷
  四角い布
  お年玉袋
  娘につくった手さげ
4 海の向こうの袋
  ジェラバ
  マラケッシのバッグ
  ふんわり数珠袋
  マドラスからニューデリーへ
  大荷物を運んだあとに
  パリの“のみの市”
  テーラード・スーツの老婦人たち
  リュックサック
  嘆きの壁への旅
あとがき

関連書籍

からだをいたわる服づくり

からだをいたわる服づくり


入院のときもおしゃれに

ジャンル : 社会 >> 看護・医療・福祉

森南海子

定価: 本体1,500円+税    ISBN: 978-4-624-50131-0    発行日: 1984年4月26日

本書の関連書籍