HOME >> 母と私の老い支度

書籍詳細

母と私の老い支度

母と私の老い支度

定価:本体1,600円+税

ISBN:978-4-624-50113-6

ISBN[10桁]:4-624-50113-6

発行日:1995年8月18日

判型:四六

ページ:222

Cコード:C0036

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

森南海子

リフォームデザイナーの草分けとして着やすさを追求してきた著者が、高齢の母親との日常を軸に、体にやさしい服づくりを工夫しつつ老いの問題を考える。(作り方26点イラスト入)

目次

プロローグ
I 母の老い支度
 夏から秋へ
  夏──風を着るブラウス
  秋──行き違い
  夜寒の散歩──母から“風流”をうばったのは
  わが家の「嫁おどし」──暖かい半天をもう一枚
 母の“挑戦”──朱色の数珠と人形
 ゆっくり──母のいらだちと私・
 老いをふせぎあう
  店構え
  通帳と印鑑
 母と私と娘と猫
 母の作った大座布団
  早朝の「パシッ」と「バチン」
  座布団にこめられた人情
 湯上がりは足元しっかり・
 入れ歯のリフォーム
 むくんだのかふとったのか
  タイツ利用のレッグウォーマーは語る
  肩おおい・ひじ当て・ひざ当て
 ワイシャツ
 夕暮れは人恋しさの限界
 雨中の散歩と夏半天
 老いはおあづけ
II 母と私の一大事
 母の入院──その1 やっと納得して
 母の入院──その2 寝間着で笑顔
 母の入院──その3 「おばあちゃん」という呼び名
 母の入院──その4 「和」から「洋」への変身
 母の入院──その5 手術へのみがまえ
 母の退院──再びの日常生活
  きものともんぺ
  家でも「和」から「洋」へ
III ひとつの食卓で
 食卓をつぎはぐ──1 ホットケーキの気恥ずかしさ
 食卓をつぎはぐ──2 親子丼はだし

関連書籍

からだをいたわる服づくり

からだをいたわる服づくり


入院のときもおしゃれに

ジャンル : 社会 >> 看護・医療・福祉

森南海子

定価: 本体1,500円+税    ISBN: 978-4-624-50131-0    発行日: 1984年4月26日

本書の関連書籍