HOME >> 金子光晴を読もう

書籍詳細

金子光晴を読もう

金子光晴を読もう

定価:本体2,200円+税

ISBN:978-4-624-60101-0

ISBN[10桁]:4-624-60101-7

発行日:2004年7月20日

判型:四六判並製

ページ:200

Cコード:C0092

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

野村喜和夫

ジャンル : 文学 >> 詩・詩論

ジャンル : 文学 >> 日本文学研究

“抵抗とエロスの近代詩人”という旧来の評価をこえて、いま金子光晴を読むことの意味を問う。散文性、身体、メトニミー、セクシュアリティ、アジア、共同体、クレオール、自己、皮膚……といった切り口からあらためて読み直す。金子光晴、その魅力とは何か。「未来」連載を増補・改稿し、単行本化。現代詩の俊才が挑む金子光晴ワールド!

目次

序章 『ねむれ巴里』の一節から
1 金子光晴のアクチュアリティ
2 離群性
3 伝記のおさらい
4 中国人女性の肛門あるいは放射核

第一章 基底としての散文
1 詩を捨てた詩人
2 自伝作者光晴
3 水と散文――『マレー蘭印紀行』をめぐって
4 泥のトポス

第二章  身体の地平へ
1 近代詩批判――「エルヴェルフェルトの首」
2 キリストの変容
3 呼吸とリズム――初期金子光晴
4「海のうわっつら」――メトニミーの場所

第三章 母性棄却を超えて
1 糞尿趣味
2 アブジェクシオンの詩学
3 おぞましい日本の私
4 共生の大地性へ――『女たちへのエレジー』の世界

第四章 南からのプロジェクト
1 ポストコロニアル? クレオール?――金子光晴のアジア
2 「誘惑」と「回帰」の外で――金子光晴のヨーロッパ
3 詩の海洋に向けて――長詩「鮫」読解
4 ノマド的身体――「かへらないことが最善だよ」

終章 自己と皮膚
1 自己という問題系
2 皮膚の発見――『蛾』から『人間の悲劇』へ

関連書籍

金子光晴デュオの旅

金子光晴デュオの旅

ジャンル : 文学 >> 詩・詩論

ジャンル : 文学 >> 評伝・作家研究

ジャンル : 文学 >> 文芸批評・評論

鈴村和成 野村喜和夫

定価: 本体2,600円+税    ISBN: 978-4-624-60114-0    発行日: 2013年12月4日

本書の関連書籍

日本詞華集

日本詞華集

ジャンル : 文学 >> 詩・詩論

ジャンル : 文学 >> 日本文学研究

西郷信綱 廣末保 安東次男

定価: 本体6,800円+税    ISBN: 978-4-624-60103-4    発行日: 2005年6月1日

本書の関連書籍

ランボー・横断する詩学

ランボー・横断する詩学

ジャンル : 文学 >> 詩・詩論

野村喜和夫

定価: 本体2,500円+税    ISBN: 978-4-624-61028-9    発行日: 1993年12月28日

本書の関連書籍