HOME >> 金子光晴デュオの旅

書籍詳細

金子光晴デュオの旅

金子光晴デュオの旅

定価:本体2,600円+税

ISBN:978-4-624-60114-0

発行日:2013年12月4日

判型:四六判並製

ページ:252

Cコード:C0092

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

鈴村和成 野村喜和夫

ジャンル : 文学 >> 詩・詩論

ジャンル : 文学 >> 評伝・作家研究

ジャンル : 文学 >> 文芸批評・評論

現代のふたりの詩人にして研究者である鈴村和成さんと野村喜和夫さんが、昭和の大詩人、晩年はエロスの大家としても知られた放浪の詩人、金子光晴の足跡を追った紀行文。マレー、ジャワから中国南部を、さらに遠くパリ、フランドルの地をたずね歩き、光晴の詩や紀行文に書き残された地名や風景を実地に見聞しつつ、金子文学の内実を克明に追跡する。詩人ふたりの交換ノートのかたちで記されたリアルタイムの旅行記であり、迫真のルポタージュにもなっているうえ、金子光晴についての著書をもつふたりならではの意見交換が重ねられた、楽しい珍道中の記録。鈴村さん撮影の写真も多数収録。

目次

 緒言

《対談》死を生きる詩人と「鮫」のゆくえ
1 マレー、水の流れる
2 ジャワ連弾
3 乍蒲路(ザッポーリ)にて、そして杭州へ
4 大揚子江へ
5 パリ/アンチ・パリ
6 フランドル遊歩

 略年譜(付・本書関連書誌)

著者略歴

鈴村和成(すずむら かずなり)
1944年生まれ。横浜市立大学名誉教授。文芸評論家、フランス文学者、詩人。本書の関連書に『金子光晴、ランボーと会う』(弘文堂)。評論に『ランボー、砂漠を行く』(岩波書店)、紀行作品に『ランボーのスティーマー・ポイント』(集英社)、紀行小説に『ランボーとアフリカの8枚の写真』(河出書房新社・藤村記念歴程賞受賞)、詩集に『黒い破線、廃市の愛』(書肆山田)、翻訳に『ランボー全集個人新訳』(みすず書房)など多数。

野村喜和夫(のむら きわお)
1951年生まれ。詩人。本書の関連書に『金子光晴を読もう』(未來社)、『芭(塔(把(波』(左右社)。詩集に『風の配分』(水声社・高見順賞受賞)、『ニューインスピレーション』(書肆山田・現代詩花椿賞受賞)、『21世紀ポエジー計画』(思潮社)、編著に『戦後名詩選(Ⅰ)・(Ⅱ)』(思潮社)、翻訳にユイマンス『神の植物・神の動物』(八坂書房)など多数。

関連書籍

紀行せよ、と村上春樹は言う

紀行せよ、と村上春樹は言う

ジャンル : 文学 >> 文芸批評・評論

鈴村和成

定価: 本体2,800円+税    ISBN: 978-4-624-60116-4    発行日: 2014年9月25日

本書の関連書籍

書簡で読むアフリカのランボー

書簡で読むアフリカのランボー

ジャンル : 文学 >> 外国文学研究

鈴村和成

定価: 本体2,400円+税    ISBN: 978-4-624-61037-1    発行日: 2013年1月22日

本書の関連書籍

金子光晴を読もう

金子光晴を読もう

ジャンル : 文学 >> 詩・詩論

ジャンル : 文学 >> 日本文学研究

野村喜和夫

定価: 本体2,200円+税    ISBN: 978-4-624-60101-0    発行日: 2004年7月20日

本書の関連書籍

小説の「私」を探して

小説の「私」を探して

ジャンル : 文学 >> 文芸批評・評論

ジャンル : 文学 >> 文芸批評・評論

鈴村和成

定価: 本体2,300円+税    ISBN: 978-4-624-60099-0    発行日: 1999年6月25日

本書の関連書籍

ランボー・横断する詩学

ランボー・横断する詩学

ジャンル : 文学 >> 詩・詩論

野村喜和夫

定価: 本体2,500円+税    ISBN: 978-4-624-61028-9    発行日: 1993年12月28日

本書の関連書籍

境界の思考

境界の思考


ジャベス・デリダ・ランボー

ジャンル : 文学 >> 文芸批評・評論

ジャンル : 哲学・思想 >> フランス哲学

鈴村和成

定価: 本体3,500円+税    ISBN: 978-4-624-93213-8    発行日: 1992年5月31日

本書の関連書籍