HOME >> 境界の思考

書籍詳細

境界の思考

ジャベス・デリダ・ランボー

境界の思考

定価:本体3,500円+税

ISBN:978-4-624-93213-8

ISBN[10桁]:4-624-93213-7

発行日:1992年5月31日

判型:四六

ページ:316

Cコード:C0310

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

鈴村和成

ジャンル : 文学 >> 文芸批評・評論

ジャンル : 哲学・思想 >> フランス哲学

シリーズ : ポイエーシス叢書

〔ポイエーシス叢書〕歴史、民族、言語いかなる固有性にも帰属しない異邦人たちをめぐって、現代の文学と思想の境界を自在に越境する、華やかな知と批評のプリズム。

目次

I 境界の思考
 『歓待の書』の入り口で
 境界論──ランボーにおける時間制の考察
 ランボー・エクリヴァン
 「友の手」についてランボーが語ったこと──『イリュミナシオン』の原稿
 百年の歩みについて、あるいは白い炸裂──ランボーとジャベス
 エドモン・ジャベス──推移のゾーン
 手、歩み、視線──デリダとユダヤ思想
 国際線上のジャック・デリダ
II パサージュ
 写真の気配、詩のスタイル
 パサージュ──境界の批評
 振動する境界──ミシェル・セールと「分布」の思考
 トライアングル──解明する批評
 ジラールと第三の人物
 この人を見よ──『ジャック・デリダ』
 ソレルスと小説の生成
 作者を搜す六人の登場人物──メタ・フィクション考
III そして足跡について……
 没後百年、ランボーの旅を微分する
 外国人であることをトータルに引き受けた外国人の書物──エドモン・ジャベス インタビュー
 問い続けた国境渡る対話──ジャベスの周辺
 我々はアナロジーを逃れるか──クロード・ロワイエ=ジュルヌーと詩の切断
 ロワイエ

関連書籍

紀行せよ、と村上春樹は言う

紀行せよ、と村上春樹は言う

ジャンル : 文学 >> 文芸批評・評論

鈴村和成

定価: 本体2,800円+税    ISBN: 978-4-624-60116-4    発行日: 2014年9月25日

本書の関連書籍

金子光晴デュオの旅

金子光晴デュオの旅

ジャンル : 文学 >> 詩・詩論

ジャンル : 文学 >> 評伝・作家研究

ジャンル : 文学 >> 文芸批評・評論

鈴村和成 野村喜和夫

定価: 本体2,600円+税    ISBN: 978-4-624-60114-0    発行日: 2013年12月4日

本書の関連書籍

書簡で読むアフリカのランボー

書簡で読むアフリカのランボー

ジャンル : 文学 >> 外国文学研究

鈴村和成

定価: 本体2,400円+税    ISBN: 978-4-624-61037-1    発行日: 2013年1月22日

本書の関連書籍