HOME >> 向井豊昭の闘争

書籍詳細

向井豊昭の闘争

異種混交性(ハイブリディティ)の世界文学

向井豊昭の闘争

定価:本体2,600円+税

ISBN:978-4-624-60115-7

発行日:2014年7月1日

判型:四六判並製

ページ:236

Cコード:C0095

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

岡和田晃

ジャンル : 文学 >> 評伝・作家研究

小社PR誌連載「向井豊昭の闘争」を主軸とし、大幅に増補・改稿した、作家・向井豊昭の評伝。
「『怒り』の力を取り戻すこと。ひとえにこれが、本書の目的である。」(本文より)

現代の批評は何を取りこぼしてきたのか。時代の閉塞に亀裂をもたらす「怒り」の力を取り戻すため、若き文芸評論家・岡和田晃が、文学史の闇に埋もれた作家・向井豊昭(1933~2008)の生涯と作品を、いま再び世に問う。〈アイヌ〉に対する征服者としての痛みを背負いながら「爆弾の時代」を通りぬけ、グローバリズムと商業主義の暴力に裸一貫で立ち向かった作家のたどり着いた場所とは。巻末の作品リストも壮観。

目次

第一部 一九六九年まで
 一 〈アイヌ〉というアイデンティティ・ポリティクス
 二 〈アイヌ〉ならざる者による「現代アイヌ文学」
 三 向井豊昭という作家
 四 最初期と晩年をつなぐもの
 五 「御料牧場」と「うた詠み」の頃
 六 教育者・向井豊昭
 七 向井豊昭と鳩沢佐美夫
 八 「耳のない独唱」と「赤い木の実」

第二部 二〇〇八年まで
 一 爆弾の時代とエスペラントの理想
 二 「和人史」から、「ヌーヴォー・ロマン」へ
 三 詩人、向井夷希微の血を享けて
 四 「近代文学の終り」を越えて
 五 「ドレミの外」から見えたもの
 六 小熊秀雄に助太刀いたす
 七 打ち捨てられたコミューンへの道

第三部 二〇一四年の向井豊昭

あとがき 死者の声を聞くこと

著者略歴

岡和田晃(おかわだあきら)
1981年北海道生まれ。早稲田大学第一文学部卒業、筑波大学大学院人文社会科学研究科一貫制博士課程在学中。批評家、ライター。日本SF作家クラブ会員。2010年、「「世界内戦」とわずかな希望 伊藤計劃『虐殺器官』へ向き合うために」で第5回日本SF評論賞優秀賞を受賞。著書に『アゲインスト・ジェノサイド』(アークライト/新紀元社、2009)『「世界内戦」とわずかな希望 伊藤計劃・SF・現代文学』(アトリエサード/書苑新社、2013)、編著に『向井豊昭傑作集 飛ぶくしゃみ』(未來社、2014)、『北の想像力《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅』(寿郎社、2014)、翻訳書に『ミドンヘイムの灰燼』(ホビージャパン、2008)ほか。

関連書籍

大地の哲学

大地の哲学


アイヌ民族の精神文化に学ぶ

小坂洋右

定価: 本体2,200円+税    ISBN: 978-4-624-41100-8    発行日: 2015年8月4日

本書の関連書籍

向井豊昭傑作集 飛ぶくしゃみ

向井豊昭傑作集 飛ぶくしゃみ

ジャンル : 文学

向井豊昭 著 / 岡和田晃 編・解説

定価: 本体2,200円+税    ISBN: 978-4-624-93442-2    発行日: 2014年1月30日

本書の関連書籍