HOME >> 向井豊昭傑作集 飛ぶくしゃみ

書籍詳細

向井豊昭傑作集 飛ぶくしゃみ

向井豊昭傑作集 飛ぶくしゃみ

定価:本体2,200円+税

ISBN:978-4-624-93442-2

発行日:2014年1月30日

判型:四六判並製

ページ:254

Cコード:C0393

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

向井豊昭
岡和田晃 編・解説

ジャンル : 文学

シリーズ : 転換期を読む

〔転換期を読む22〕  人と人とを隔て、差別と抑圧を産み出す「境界」。その解体を目論み、死の直前までゲリラ的な執筆活動を持続した反骨の作家、向井豊昭(1933~2008)。40年を越える執筆歴をもちながら、長らく黙殺されてきたその仕事を、若き文芸評論家・岡和田晃が、「近代・アイヌ・エスペラント」を軸に精選した傑作集。解説と詳細な年譜を付す。

向井豊昭(むかい・とよあき)。62歳で中央文壇に現われ、三冊の単行本と無数の雑誌掲載作や未発表原稿を遺し、2008年に75歳で世を去った、いわば不遇の作家である。いまだその文業は、正しい評価を与えられていない。向井豊昭が多くの現代アイヌ文学の書き手と本質的に異なるのは、アイヌの出自ではないにもかかわらず、アイヌの問題を自らの核となるモチーフとして内に抱きながら創作を続けてきた点による。そのアプローチは、知里真志保が攻撃を続けた悪しきオリエンタリズムに基づく「アイヌ研究」とは性質を異にする。向井豊昭は、自らのルーツが征服者としての「ヤマト」に根づくものだとの自覚を持ち、それを痛みとして抱えながら、アイヌ問題について書き続けてきたからだ。だからこそ、そのテクストの真摯な読み直し(リ・リーディング)が行なわれれば、20世紀の「マイナー文学」(ドゥルーズ&ガタリ)として、グローバリズムのもとに近年ますます反動的な強化が行なわれているように見える、国民国家のフレームへ新たな可能性の光を導き入れる端緒となりうるのではなかろうか。(岡和田晃『向井豊昭の闘争──異種混交性(ハイブリディティ)の世界文学』〔2014年刊〕より)

目次

「うた詠み」(1966年)
「耳のない独唱」(1968年)
「『きちがい』後日談」(〔エッセイ〕1969年)
「エスペラントという理想」(〔エッセイ〕1974年)
「シャーネックの死」(〔エスペラント語翻訳〕1976年)
「ヤパーペジ チセパーペコペ イタヤバイ」(2003年)
「飛ぶくしゃみ」(2007年)
「新説国境論」(2008年)


著者略歴

《著者略歴》
向井豊昭(むかい とよあき)
1933年東京都生まれ。祖父は詩人の向井夷希微(いきび)。東京大空襲を経て、下北半島の川内町(現むつ市)に疎開、中学卒業後は鉱山で働きながら青森県立大湊高等学校定時制川内分校に通う。鉱山労働で結核となり、長い療養生活を経た後、玉川大学文学部通信教育課程で教員免許を取得し、北海道日高地方の小学校で25年間勤務した後、上京。1966年、手書きの私家版で発表した「うた詠み」が「文學界」に転載され、注目を集めた。上京後の1996年、「BARABARA」で第12回早稲田文学新人賞を受賞、高齢ながら反骨の「マイナー文学」の作家として注目を集める。商業出版の単著としては、『BARABARA』(四谷ラウンド、1999)、『DOVADOVA』(四谷ラウンド、2001)、『怪道をゆく』(早稲田文学会/太田出版、2008)の三冊を遺した。死の直前までゲリラ的な作品発表を継続したが、2008年、肝臓癌で逝去。没後5年目の2013年には、遺稿から「用意、ドン!」が「早稲田文学6」に掲載された。その膨大な作品の一部は有志による「向井豊昭アーカイブ」で公開されている。教育者の立場から「アイヌ」問題に深く関わった先駆者の一人であり、エスペランティストとしても記憶されている。また、祖父をはじめ、埋もれた先駆者を再評価する文芸評論も多数発表している。

《編者略歴》
岡和田晃(おかわだ あきら)
1981年北海道生まれ。早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。批評家、ライター。日本SF作家クラブ会員。2010年、「「世界内戦」とわずかな希望 伊藤計劃『虐殺器官』へ向き合うために」で第5回日本SF評論賞優秀賞を受賞。著書に『アゲインスト・ジェノサイド』(アークライト/新紀元社、2009)『「世界内戦」とわずかな希望 伊藤計劃・SF・現代文学』(アトリエサード/書苑新社、2013)『向井豊昭の闘争 異種混交性(ハイブリティディ)の世界文学』(未來社、近刊)。編著に『北の想像力 〈北海道文学〉と〈北海道SF〉をめぐる思索の旅』(寿郎社、近刊)。翻訳書に『ミドンヘイムの灰燼』(ホビージャパン、2008)『H・P・ラヴクラフト大事典』(共訳、エンターブレイン、2012)など。晩年の向井豊昭と交流があり、作家の没後は遺稿の自費出版や向井文学についての講演を実施するなど、積極的に再評価を進めている。

関連書籍

大地の哲学

大地の哲学


アイヌ民族の精神文化に学ぶ

小坂洋右

定価: 本体2,200円+税    ISBN: 978-4-624-41100-8    発行日: 2015年8月4日

本書の関連書籍

向井豊昭の闘争

向井豊昭の闘争


異種混交性(ハイブリディティ)の世界文学

ジャンル : 文学 >> 評伝・作家研究

岡和田晃

定価: 本体2,600円+税    ISBN: 978-4-624-60115-7    発行日: 2014年7月1日

本書の関連書籍

ことばへの凝視

ことばへの凝視


粟津則雄対談集

ジャンル : 文学 >> 文芸批評・評論

ジャンル : 文学 >> 詩・詩論

粟津則雄

定価: 本体2,400円+税    ISBN: 978-4-624-93438-5    発行日: 2013年7月18日

本書の関連書籍

宿命

宿命

ジャンル : 文学 >> 詩・詩論

萩原朔太郎

定価: 本体2,000円+税    ISBN: 978-4-624-93439-2    発行日: 2013年7月18日

本書の関連書籍

南欧怪談三題

南欧怪談三題

ジャンル : 文学

ジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーザ アナトール・フランス プロスペル・メリメ 著 / 西本晃二 編訳

定価: 本体1,800円+税    ISBN: 978-4-624-93434-7    発行日: 2011年10月20日

本書の関連書籍

澱河歌の周辺

澱河歌の周辺

ジャンル : 文学 >> 詩・詩論

ジャンル : 文学 >> 文芸批評・評論

ジャンル : 文学 >> 外国文学研究

安東次男 著 / 粟津則雄 解説

定価: 本体2,800円+税    ISBN: 978-4-624-93429-3    発行日: 2003年5月20日

本書の関連書籍

魯迅

魯迅

ジャンル : 文学 >> 評伝・作家研究

ジャンル : 文学 >> 外国文学研究

竹内好 著 / 鵜飼哲 解説

定価: 本体2,000円+税    ISBN: 978-4-624-93426-2    発行日: 2002年5月31日

本書の関連書籍

望みのときに

望みのときに

ジャンル : 文学 >> 外国文学研究

ジャンル : 哲学・思想 >> 現代思想

ジャンル : 文学 >> 創作・エッセイ

モーリス・ブランショ 著 / 谷口博史

定価: 本体1,800円+税    ISBN: 978-4-624-93421-7    発行日: 1998年7月15日

本書の関連書籍