HOME >> 澱河歌の周辺

書籍詳細

澱河歌の周辺

澱河歌の周辺

定価:本体2,800円+税

ISBN:978-4-624-93429-3

ISBN[10桁]:4-624-93429-6

発行日:2003年5月20日

元版年:1962

判型:四六判並製

ページ:278

Cコード:C0395

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

安東次男
粟津則雄 解説

ジャンル : 文学 >> 詩・詩論

ジャンル : 文学 >> 文芸批評・評論

ジャンル : 文学 >> 外国文学研究

シリーズ : 転換期を読む

〔転換期を読む〕2002年4月に逝去した詩人・評論家、安東次男の主著である、1962年読売文学賞受賞作を復刊(〔転換期を読む〕シリーズ9)。安東氏が日本の古典詩歌に積極的に介入する端緒となった本書には、既存の蕪村解釈を覆し再評価の火を点した与謝蕪村論、江戸期の俳人と日本近代詩をつなぐ線を措定する「伝統詩と近代詩」をはじめ、仏文学者として見せたユニークな切り口のランボー論(「年金生活者の思想」)、ボードレール論(「純粋アラベスク」)など、安東次男の多岐にわたる代表的な論考を収録。口絵多数。

目次

I

蕪村
「初春」の一句
 道草
「澱河歌」の周辺
 蕪村三題
  一 うずみ残して
  二 雨の詩
  三 字を探る

芭蕉
 魚目
 孤独について(一)
 孤独について(二)

II

ランボー
 年金生活者の思想――あるいは永遠について

ボードレール
 純粋アラベスク

ルドン
 或る芸術について

III

現代芸術への一視点――ダダ、シュルレアリスムの流れの中で

或る鑑賞

伝統詩と近代詩


あとがき

解説(粟津則雄)

関連書籍

向井豊昭傑作集 飛ぶくしゃみ

向井豊昭傑作集 飛ぶくしゃみ

ジャンル : 文学

向井豊昭 著 / 岡和田晃 編・解説

定価: 本体2,200円+税    ISBN: 978-4-624-93442-2    発行日: 2014年1月30日

本書の関連書籍

ことばと精神

ことばと精神


粟津則雄講演集

ジャンル : 文学 >> 日本文学研究

ジャンル : 文学 >> 詩・詩論

粟津則雄

定価: 本体2,400円+税    ISBN: 978-4-624-60102-7    発行日: 2009年11月10日

本書の関連書籍