HOME >> 加藤尚武著作集第5巻 ヘーゲル哲学の隠れた位相

書籍詳細

加藤尚武著作集第5巻 ヘーゲル哲学の隠れた位相

加藤尚武著作集第5巻 ヘーゲル哲学の隠れた位相

予価:本体6,800円+税

ISBN:978-4-624-93605-1

発行日:2019年3月22日

判型:A5判/岸顯樹郎

ページ:488

Cコード:C0310

加藤尚武

ジャンル : 哲学・思想 >> ヘーゲル

ジャンル : 哲学・思想 >> ドイツ哲学

ジャンル : 全集・著作集 >> 哲学・思想

シリーズ : 加藤尚武著作集

この巻は、ヘーゲル学者としての著者のヘーゲル関係論文で単行本4冊に収録されなかった29本を厳選し六つのテーマ別に編集されている。Iヴォルフ学派の遺産/IIカントへの同時代の証言/IIIヘーゲル像:完成から未完成へ/IVプロティノスの影/V自然哲学/VI弁証法。日本のヘーゲル学をリードしてきた著者の珠玉の単行本未収録論文だけで構成された貴重な一冊。

目次

I ヴォルフ学派の遺産
 論理思想の歴史――ドイツ観念論の時代における、ある概念史の試み
 ヘーゲル論理思想の背景――無限性をめぐって
「無限性」の概念史の試み――ゲーテ「スピノザに学ぶ」を資料として
II カントへの同時代の証言
 カント哲学とフランス革命についてのシェリングの証言
 為すべき故に為し能う
 物自体という難問
 この前提なしにはカント体系に入れず、この前提あればカント体系に留まりえない
 ヘーゲルによる乱暴なカント批判
 エーベルハルト批判に見えるカントの論争態度
 カントはヒュームを乗りこえたのか
 カントの歴史的位置づけ
 カントの述べなかったことによってこそカントは理解できる
 カント没後二〇〇年
III ヘーゲル像【:】完成から未完成へ
『ヘーゲル哲学への新視角』編者まえがき
 ヘーゲル論理学のなかの「実体」と「因果」
 ヘーゲルによる心身問題の取扱い
 ヘーゲルの個体論とゲーテの色彩論
IV プロティノスの影
 単位の幻想
 同一性の変貌と発展
 フィチーノとシェリング
V 自然哲学
 生という存在の原型
 ヘーゲル自然哲学の存在理由
 必然的個体としての有機体
「発酵」という言葉にかんする覚書
 ドイツ観念論と自然哲学
 有機体の概念史
VI 弁証法
『精神現象学』というゆがんだ真珠――哲学的なアイデアの宝庫
 ヘーゲルによる「弁証法」の最初の用例群
「弁証法」の【21】用例 【in】『精神現象学』

 著者解題
 人名索引

著者略歴

1937年、東京生まれ。
1960年、東京大学教養学部学生として安保闘争に参加。
1963年、東京大学文学部哲学科を卒業。東京大学文学部助手、山形大学教養部講師・助教授、東北大学文学部助教授、千葉大学文学部教授、京都大学文学部教授、鳥取環境大学学長、東京大学医学系研究科特任教授を歴任。元日本哲学会委員長。日本学術会議連携会員、京都大学名誉教授。
《専門》
ヘーゲル哲学、環境倫理学、生命倫理学。現在は、徳倫理学、貢献心、利他主義の研究開発に従事している。
《受賞》
哲学奨励山崎賞(1979年)、和辻哲郎文化賞(1994年)、紫綬褒章(2000年)、建築協会文化賞(2002年)
《主な著書》
『ヘーゲル哲学の形成と原理』未來社、1980年
『バイオエシックスとは何か』未來社、1986年
『環境倫理学のすすめ』丸善ライブラリー、1991年
『哲学の使命』未來社、1992年
『ヘーゲルの「法」哲学』青土社、1993年
『ヒトと技術の倫理』NHKライブラリー、1993年
『21世紀のエチカ』未來社、1993年
『応用倫理学のすすめ』丸善ライブラリー、1994年
『技術と人間の倫理』NHKライブラリー、1996年
『現代倫理学入門』講談社学術文庫、1997年
『20世紀の思想』PHP新書、1997年
『脳死・クローン・遺伝子治療』PHP新書、1999年
『先端技術と人間』NHKライブラリー、2001年
『価値観と科学/技術』岩波書店、2001年
『合意形成とルールの倫理学』丸善ライブラリー、2002年
『戦争倫理学』ちくま新書、2003年
『新・環境倫理学のすすめ』丸善ライブラリー、2005年
『現代人の倫理学』丸善、2006年
『教育の倫理学』丸善、2006年
『資源クライシス』丸善、2008年、中国語(簡体字)に翻訳
『形の哲学』岩波現代文庫(再版)、2008年
『災害論』世界思想社、2011年
『死を迎える心構え』PHP研究所、2016年
『加藤尚武著作集』(全15巻)未來社、(2017年~、刊行中)