HOME >> マルクス主義と言語哲学

書籍詳細

マルクス主義と言語哲学

言語学における社会学的方法の基本的問題

マルクス主義と言語哲学

定価:本体2,200円+税

ISBN:978-4-624-01094-2

ISBN[10桁]:4-624-01094-9

発行日:1989年4月20日

元版年:1976

判型:四六

ページ:294

Cコード:C0010

在庫僅少

在庫が非常に少ないため、美本がご用意できない場合や、時間差で在庫切れとなる場合がございます。ご希望の方は小社までお電話またはFAX、メールにてお問い合わせ下さい。

【TEL】03-3814-5521
【FAX】03-3814-5596
info@miraisha.co.jp

ミハイル・バフチン
桑野隆

現代思想の源流のひとつとして現在も大きな影響を与えつづけている巨人バフチンの初期の代表作であるとともに言語哲学の基本文献。

目次

序論
第一部 言語哲学の問題がマルクス主義にもつ意義
  第一章 イデオロギー学と言語哲学
  第二章 土台と上部構造の関係の問題
  第三章 言語哲学と客観的心理学
第二部 マルクス主義的言語哲学の道
  第一章 言語哲学におけるふたつの思潮
  第二章 言語 ことば 発話
  第三章 言語的相互作用
  第四章 言語におけるテーマと意味
第三部 構文から見た発話の形態の歴史(シンタクッスの問題にたいする社会学的方法の適用)
  第一章 発話の理論とシンタックスの問題
  第二章 〈他者のことば〉の問題
  第三章 間接話法と直接話法、およびそれらの変形
  第四章 フランス語・ドイツ語・ロシア語における疑似直接話法
   原注
   訳者あとがき

関連書籍

信仰と科学

信仰と科学

アレクサンドル・ボグダーノフ 著 / 佐藤正則

定価: 本体2,200円+税    ISBN: 978-4-624-93430-9    発行日: 2003年12月25日

本書の関連書籍