HOME >> ドイツとロシア

書籍詳細

ドイツとロシア

比較社会経済史の一領域

ドイツとロシア

定価:本体6,500円+税

ISBN:978-4-624-32154-3

ISBN[10桁]:4-624-32154-5

発行日:1997年6月30日

元版年:1986

判型:A5

ページ:430

Cコード:C3033

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

肥前栄一

ドイツのフーフェ、ロシアのドヴォルを軸に共同体の独露比較を行なうことによって、ミール共同体の歴史的性格、帝政ロシアの社会構成の特質を解明。

目次

 序言
I 帝政ロシアの農村社会と農民経済――ミール共同体をめぐる理論的諸問題――
 1 問題の提起――研究史の概念――
 2 帝政ロシア農民経済の歴史的性格
   〔1〕 ドイツ中世農民経済の特質
   〔2〕 ロシア近世農民経済の特質
     (1) ミール共同体の起源
     (2) ミール共同体の特質
     (3) 貢納制的階級関係(国家=農民関係)
 3 帝政ロシア農村工業の歴史的性格
   〔1〕 ドイツ中世工業の特質
   〔2〕 ロシア近世工業の特質
 4 結び
II 一九世紀中葉のロシア社会
 1 一八三〇年代ロシアの人口構成――ペ・イ・ケッペン「ロシア住民の身分別・県別分布」――
 2 アウグスト・フォン・ハクストハウゼンのロシア旅行覚書抄(一八四三―四四年)
   はしがき (1)入植 (2)共同体 (3)農林業 (4)地理 (5)穀物倉庫 (6)商工業=交通 (7)皇帝 (8)官僚 (9)司法=行政制度 (10)貴族 (11)軍制 (12)宗教 (13)大学 (14)少数民族 (15)女性 (16)民謡、民話など
 3 ヴィクトル・ヘーンの『ロシア日記』抄(一八五七―七三年)
III ドイツとロシア――比較史ならびに体制間移行におけるミール共同体――

関連書籍

比較史のなかのドイツ農村社会

比較史のなかのドイツ農村社会


『ドイツとロシア』再考

肥前榮一

定価: 本体4,500円+税    ISBN: 978-4-624-32173-4    発行日: 2008年3月10日

本書の関連書籍

ドイツ近世的権力と土地貴族

ドイツ近世的権力と土地貴族

ジャンル : 歴史 >> ドイツ史・ドイツ研究

ジャンル : 経済 >> 労働経済・農業経済

山崎彰

定価: 本体12,000円+税    ISBN: 978-4-624-32170-3    発行日: 2005年1月20日

本書の関連書籍

東エルベ・ドイツにおける農業労働者の状態

東エルベ・ドイツにおける農業労働者の状態

ジャンル : 哲学・思想 >> ヴェーバー

ジャンル : 社会

ジャンル : 歴史 >> ドイツ史・ドイツ研究

マックス・ウェーバー 著 / 肥前栄一

定価: 本体2,800円+税    ISBN: 978-4-624-32168-0    発行日: 2003年12月1日

本書の関連書籍