HOME >> 崖っぷちの木地屋

書籍詳細

崖っぷちの木地屋

村地忠太郎のしごと

崖っぷちの木地屋

定価:本体1,700円+税

ISBN:978-4-624-72021-6

ISBN[10桁]:4-624-72021-0

発行日:2009年3月30日

判型:四六判並製

ページ:222

Cコード:C0072

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

松本直子

木とまっすぐに向き合い、「木地屋」として生きてきた村地忠太郎、92歳。そのしごとにたいする誇りとしなやかな佇まいを日々学びながら、師の願いをかなえたいと風のように奔走する「旅の人」。小さな谷間の町での暮らしを背景に、二人三脚でかつての木曾漆器を探す旅が、いま、始まる。

目次

序 章
村地忠太郎との出会い
「クラフトマンたれ」、上松での一年
「旅の人」、木曾に暮らす
木地屋の仕事場
人びとの輪のなかで

心の旅
崖っぷちの木地屋
「木曾漆器」発祥の地にて
かつての「木曾漆器」を探して
 木曾福島・上ノ段「木地の館」にて
 松本民藝館へ
 日本民藝館へ
 桑名屋へ
 愛媛県内子町へ
 木曾川のほとりにて
古(いにしえ)の「木の文化」を、いまに伝えて
森の木と生きる
割る、へぐ、曲げる、綴じる――曲物をつくる
 曲物の弁当箱の材料/丸太を割る/槫(くれ)を割る、へぐ/カガミをつくる/
 ガワをへぐ/木前(きまえ)削り/ガワを曲げる/ガワを綴じる、カンバで縫う/
 ソッコとカガミをガワに入れる/《木前》
木は友だち、木は家族
ものづくりの心
木地屋の明日
木精(こだま)、山を越える
外の世界へ
南木曾(なぎそ)/轆轤(ろくろ)の木地屋
木曾の行灯(あんどん)、島原に灯る
終 章
 あとがき

関連書籍

南木曾の木地屋の物語

南木曾の木地屋の物語


ろくろとイタドリ

ジャンル : 民俗・民芸

ジャンル : 社会

ジャンル : 文学

松本直子

定価: 本体1,800円+税    ISBN: 978-4-624-72022-3    発行日: 2011年4月25日

本書の関連書籍

木の文化の形成

木の文化の形成


日本の山野利用と木器の文化

須藤護

定価: 本体6,800円+税    ISBN: 978-4-624-20079-4    発行日: 2010年2月25日

本書の関連書籍

鳴子・こけし・工人

鳴子・こけし・工人

西田峯吉

定価: 本体1,800円+税    ISBN: 978-4-624-72015-5    発行日: 1984年7月10日

本書の関連書籍

蔵王東のきぼこ

蔵王東のきぼこ

菅野新一 編著

定価: 本体5,800円+税    ISBN: 978-4-624-72010-0    発行日: 1984年5月30日

本書の関連書籍

木地屋のふるさと

木地屋のふるさと

橘文策

定価: 本体2,500円+税    ISBN: 978-4-624-72013-1    発行日: 1984年5月15日

本書の関連書籍

蔵王東麓の木地業とこけし

蔵王東麓の木地業とこけし

佐藤友晴 著 / 菅野新一 校訂

定価: 本体3,800円+税    ISBN: 978-4-624-72011-7    発行日: 1984年5月15日

本書の関連書籍

用と美

用と美


南日本の民芸

南日本新聞社

定価: 本体1,200円+税    ISBN: 978-4-624-72004-9    発行日: 1966年2月12日

本書の関連書籍