HOME >> 注目の本一覧

注目の本一覧

ホッブズの哲学体系

ホッブズの哲学体系


「生命の安全」と「平和主義」

ジャンル : 哲学・思想 >> イギリス哲学

ジャンル : 哲学・思想 >> 思想史・精神史

ジャンル : 哲学・思想 >> 現代思想

ノルベルトボッビオ 著 / 田中浩 中村勝己 千葉伸明

定価: 本体4,200円+税   ISBN: 9784624011987    発行日: 2018年4月25日

16世紀の大思想家トマス・ホッブズの哲学の全貌を20世紀イタリアを代表する政治哲学者ボッビオが体系的に解読し、その思想の現代性を提示する。ホッブズ哲学が根底にもつ平和主義と市民社会論の見地から代表作『リヴァイアサン』はもとより『市民論』なども高く評価する。数多くのホッブズ論のなかでも出色の論集。ボッビオ晩年の著作の待望の翻訳。

加藤尚武著作集 第4巻 よみがえるヘーゲル哲学

加藤尚武著作集 第4巻 よみがえるヘーゲル哲学

ジャンル : 全集・著作集 >> 哲学・思想

ジャンル : 哲学・思想 >> ヘーゲル

シリーズ : 加藤尚武著作集

加藤尚武

定価: 本体5,800円+税   ISBN: 978-4-624-93604-4    発行日: 2018年3月22日

ヘーゲル学の巨頭による本著作集2冊目のヘーゲル論集。2012年に刊行された『哲学原理の転換』を中心に、1998年から1年半にわたって「ちくま」に連載された「ヘーゲル入門」をはじめとする単行本未収録論文10篇を収録する。ここではアメリカの分析哲学を中心にヘーゲル哲学の読み直し、再評価がなされている最近の哲学状況を紹介し、これからのヘーゲル学の変容をどのように把握していったらよいのかをさまざまな角度から検討する。ヘーゲル学はほんとうによみがえるのか。

ヘテロトピアからのまなざし

ヘテロトピアからのまなざし

ジャンル : 哲学・思想 >> 現代思想

ジャンル : 歴史 >> 歴史学・歴史理論

シリーズ : ポイエーシス叢書

上村忠男

定価: 本体4,800円+税   ISBN: 978-4-624-93282-4    発行日: 2018年2月26日

思想史を中心に欧米の最新の学問的成果を精力的に紹介しつつ自身も〈ヘテロトピア〉をキーワードに新しい歴史学的方法論を構想してきた著者の最新の批評論集。ヴィーコに依拠しながらヘイドン・ホワイト、エドワード・サイード、カルロ・ギンズブルグ、ジョルジョ・アガンベン、G・C・スピヴァク、柄谷行人、マッシモ・カッチャーリなどを縦横無尽に渉猟し、同時に沖縄をめぐる諸問題など現代日本の思想的課題を徹底的に解明する上村思想史学の集大成。