HOME >> 存在のカタストロフィー

書籍詳細

UTCP叢書5

存在のカタストロフィー

〈空虚を断じて譲らない〉ために

存在のカタストロフィー

定価:本体2,800円+税

ISBN:978-4-624-01189-5

発行日:2012年11月15日

判型:四六判並製

ページ:364

Cコード:C0010

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

小林康夫

ジャンル : 哲学・思想 >> 現代思想

シリーズ : UTCP叢書

PR誌「未来」での好評連載〈転換のディヴェルティメント〉31回分の連載に、関連する文章2本と書き下ろしを加えて構成する。前著『歴史のディコンストラクション』において人類や生きものとの「共生」への希望を語った著者が、2011年の東日本を襲った大災厄を踏まえ、人間存在の問題を世界大のパースペクティヴで哲学的にも状況論的にも論じ抜いた待望の論集。

目次

(第1部)
I 生きることを学ぶ
レヴィ=ストロースの〈もうひとつの人間主義〉/デリダの〈生きることを学ぶ〉/生、この限りなき学び
II 「意識=良心」を学ぶ――大学の責任
apprendre la conscience/良心=ともに知ること/大学、誰でもないものの良心
III 「表現なきもの」と「希望の秘儀」――批評の可能性
ベンヤミンのゲーテ読解/批評的暴力/魯迅の「絶望を書く」こと/小林秀雄の「当麻」あるいは歴史の美学化/批評、希望の暴力
(第2部)
IV 症候の発明(1)――漱石『明暗』をめぐって
症候の意味/「まだ奥があるんです」/「こんなものが存在していたのだっけ」
V 症候の発明(2)――一葉『にごりえ』をめぐって
声のエクリチュール/魂というシネマトグラフ/落ちていく〈米〉・落ちていく〈かすていら〉/「落とし穴あやふげ」
VI 症候の発明(3)――日野啓三『夢の島』をめぐって
都市のなかの「夢の島」/分裂する女/ポストヒューマンのデュナミス/死の透視法/アンティゴネーと埋葬の倫理/「隠喩」としての「父」
VII 災厄としての存在 ――ラカンの「アンティゴネー論」をめぐって
Atē/人間的なものの境界/存在、この災厄なるもの/「誰もが時間のずれのなかにいる」/災厄の光、美そして詩
VIII 症候の発明(4)――デュラスの「アガタ」をめぐって
異種の演劇/不可能な愛を見る欲望/アガタ、似ている肉体/戻ってくる夏/母親の「墓」
(第3部)
IX 〈歴史の終わり〉と〈日本〉――コジェーヴ再読
コジェーヴにとっての〈日本〉/二つの註/〈日本〉の衝撃/終わりのあとの人間/もうひとつの歴史/二〇一一年三月十一日/レンヌ講演/ある日本の賢者/「アクティヴな運命主義」(ローマにて)
X 来たるべき、詩――パレスチナ・ノートより
XI Rain Treeをもとめて――大江健三郎『「雨の木」を聴く女たち』の余白に
(第4部)
XII 〈人間の終わり〉と〈フランス的モメント〉――コレージュ・ド・フランス講演
知の無償の熱狂/一九七〇年の転換/限界への問いかけ/終わりの分有/フーコーの開講講義/いっそ愚かに実定的な関係性/Subrepticement parallèle/メルロ=ポンティの開講講義/ベンヤミンの文字
(第5部)
XIII カタストロフィズムとメシアニズム
出来事の時間性/メシアニズムと〈歴史のディコンストラクション〉/公案「メシアいずれの処より来る?」/
公案「プルトニウムにまた佛性ありや?」/Cap とCup/道元とDeep Ecology/そこには崇高はない/リオタールの〈arrive-t-il?〉/災厄の光を凝視する/公案「いかなるか是、古佛心?」「牆壁瓦礫!」/世界の〈華開〉(飯館村にて)/「フクシマの倫理的次元」/『災厄のエクリチュール』/「今日は貧しい」
補論1 リオタールにおけるユダヤ的なもの
(第6部)
XIV 〈歴史の天使〉の方へ――パリ講義
ベンヤミンの〈歴史の天使〉/華開・世界を惜しむ/ドンバル通り一〇番地/〈空虚を断じて譲らない〉態度
XV ブルー・カタストロフィー
補論2 ブリコラージュ的自由

著者略歴

小林康夫(こばやしやすお)
1950年生。東京大学大学院総合文化研究科教授。表象文化論。主著に『起源と根源――カフカ・ベンヤミン・ハイデガー』『表象の光学』『歴史のディコンストラクション――共生の希望へ向かって』ほか多数。編著に『いま、哲学とはなにか』『文学の言語行為論』『21世紀における芸術の役割』『知の技法』シリーズなど。

関連書籍

ミケル・バルセロの世界

ミケル・バルセロの世界


形という生命/物質と暴力

ジャンル : 芸術・美学 >> 美術史・美術論

小林康夫

定価: 本体2,800円+税    ISBN: 978-4-624-71095-8    発行日: 2013年10月30日

本書の関連書籍

人文学と制度

人文学と制度

ジャンル : 哲学・思想 >> 現代思想

ジャンル : 哲学・思想 >> 社会思想・社会思想史

ジャンル : 社会 >> 教育問題・教育学

西山雄二

定価: 本体3,200円+税    ISBN: 978-4-624-01190-1    発行日: 2013年3月25日

本書の関連書籍

歴史のディコンストラクション

歴史のディコンストラクション


共生の希望へ向かって

ジャンル : 哲学・思想 >> 現代思想

ジャンル : 哲学・思想 >> フランス哲学

小林康夫

定価: 本体2,400円+税    ISBN: 978-4-624-01181-9    発行日: 2010年3月10日

本書の関連書籍

いま、哲学とはなにか

いま、哲学とはなにか

ジャンル : 哲学・思想 >> 現代思想

ジャンル : 哲学・思想 >> 思想史・精神史

ジャンル : 哲学・思想 >> 社会思想・社会思想史

小林康夫

定価: 本体2,000円+税    ISBN: 978-4-624-01171-0    発行日: 2006年3月22日

本書の関連書籍

21世紀における芸術の役割

21世紀における芸術の役割

ジャンル : 芸術・美学 >> 芸術学・芸術論

ジャンル : 芸術・美学 >> 音楽学・音楽論

ジャンル : 哲学・思想 >> 現代思想

小林康夫

定価: 本体2,800円+税    ISBN: 978-4-624-71090-3    発行日: 2006年1月21日

本書の関連書籍

名を救う

名を救う


否定神学をめぐる複数の声

ジャンル : 哲学・思想 >> 現代思想

ジャンル : 哲学・思想 >> ドイツ哲学

ジャンル : 哲学・思想 >> 思想史・精神史

ジャック・デリダ 著 / 小林康夫 西山雄二

定価: 本体1,800円+税    ISBN: 978-4-624-93253-4    発行日: 2005年10月25日

本書の関連書籍

美術史の7つの顔

美術史の7つの顔

ジャンル : 芸術・美学 >> 美術史・美術論

ジャンル : 芸術・美学 >> 芸術学・芸術論

ジャンル : 哲学・思想 >> 現代思想

小林康夫

定価: 本体2,600円+税    ISBN: 978-4-624-71088-0    発行日: 2005年6月15日

本書の関連書籍

表象の光学

表象の光学

ジャンル : 芸術・美学 >> 芸術学・芸術論

ジャンル : 文学 >> 文芸批評・評論

ジャンル : 哲学・思想 >> フランス哲学

小林康夫

定価: 本体2,800円+税    ISBN: 978-4-624-01164-2    発行日: 2003年7月10日

本書の関連書籍

大学は緑の眼をもつ

大学は緑の眼をもつ

ジャンル : 哲学・思想 >> 現代思想

小林康夫

定価: 本体1,700円+税    ISBN: 978-4-624-01136-9    発行日: 1997年6月10日

本書の関連書籍

インファンス読解

インファンス読解

ジャンル : 哲学・思想 >> 現代思想

ジャンル : 哲学・思想 >> フランス哲学

ジャン=フランソワ・リオタール 著 / 小林康夫 竹森佳史

定価: 本体2,500円+税    ISBN: 978-4-624-93227-5    発行日: 1995年3月20日

本書の関連書籍