HOME >> 若き高杉一郎

書籍詳細

若き高杉一郎

改造社の時代

若き高杉一郎

定価:本体3,500円+税

ISBN:978-4-624-60108-9

ISBN[10桁]:4-624-60108-4

発行日:2008年6月30日

判型:四六判上製

ページ:294

Cコード:C0095

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

太田哲男

ジャンル : 歴史 >> 伝記・評伝

ジャンル : 文学 >> 日本文学研究

抑留体験からスターリン主義批判への「前史」――2008年の1月に99歳で亡くなった作家・翻訳家、高杉一郎の主として戦前の改造社時代の伝記。戦後4年間のシベリア抑留生活を余儀なくされた高杉(本名・小川五郎)は、帰還後、戦後記録文学の最高位にあると評される『極光のかげに』をはじめ、『スターリン体験』『征きて還りし兵の記憶』などを生む。亡くなる直前まで行なわれた著者による聞き書きや没後あらたに発見された手紙、高杉著作からの引用など、数々の貴重な裏づけをもとに構成され、描かれる若き日々の姿。高杉はまた、優れた編集者としてのみならず、アグネス・スメドレー『中国の歌ごえ』やフィリパ・ピアス『トムは真夜中の庭で』などを訳した翻訳の名手としても知られている。

目次

序 章
 (一)若き高杉一郎
 (二)伝記について
第一章 「改造」の時代
 第一節 中学時代
 第二節 改造社の創設
第二章 東京高等師範学校と円本
 第一節 築地小劇場とロシア文学
 第二節 外国語夏期大学
 第三節 中国人留学生たち
 第四節 円本
 第五節 東京文理科大学への入学と放校
第三章 改造社入社から『文藝』編集者へ
 第一節 改造社入社
 第二節 雑誌『文藝』創刊
 第三節 『文藝』編集部へ
 第四節 郭沫若と郁達夫
第四章 日中文学者往復書簡の時代
 第一節 一九三七年という時期
 第二節 日中文学者往復書簡
 第三節 『文藝』と中国人作家たち
 《補説》蒋介石と毛沢東の『改造』所収論文
 第四節 中野重治
 第五節 トーマス・マン「往復書簡」
 第六節 スメドレー「馬」と蕭紅「馬房の夜」
 第七節 「マサリックを憶ふ」
第五章 ジャーナリストとして
 第一節 一九三七年十二月以降
 第二節 宮本百合子
 第三節 学者・文学者たちとの交流
 第四節 トロツキー裁判
第六章 ヨーロッパ文学の翻訳を通して
 第一節 一九四〇年の輝き
 第二節 「朝鮮文学特集」
 第三節 東京文理科大学英文科
第七章 日米戦争の開始から改造社の解散

関連書籍

現代日本文学論争史 上巻

現代日本文学論争史 上巻

ジャンル : 文学 >> 文芸批評・評論

平野謙 小田切秀雄 山本健吉

定価: 本体6,800円+税    ISBN: 978-4-624-60104-1    発行日: 2006年9月5日

本書の関連書籍

現代日本文学論争史 中巻

現代日本文学論争史 中巻

ジャンル : 文学 >> 文芸批評・評論

平野謙 小田切秀雄 山本健吉

定価: 本体5,800円+税    ISBN: 978-4-624-60105-8    発行日: 2006年9月5日

本書の関連書籍

現代日本文学論争史 下巻

現代日本文学論争史 下巻

ジャンル : 文学 >> 文芸批評・評論

平野謙 小田切秀雄 山本健吉

定価: 本体5,800円+税    ISBN: 978-4-624-60106-5    発行日: 2006年9月5日

本書の関連書籍

百合子めぐり

百合子めぐり

ジャンル : 文学 >> 評伝・作家研究

ジャンル : 文学 >> 評伝・作家研究

中村智子

定価: 本体2,000円+税    ISBN: 978-4-624-60098-3    発行日: 1998年12月7日

本書の関連書籍

転向文学論

転向文学論

ジャンル : 文学 >> 文芸批評・評論

本多秋五

定価: 本体1,800円+税    ISBN: 978-4-624-60021-1    発行日: 1972年3月2日

本書の関連書籍