好評既刊

東北おんば訳 石川啄木のうた

東北おんば訳 石川啄木のうた

新井高子 編著

朝日新聞3月14日の「天声人語」で大きく紹介されました。
「訳というのは、単なる言葉の置き換えではない、心の共有なのだと感じました。
 啄木の心を、おんばの声で聞くとき、東北の強さ、深さ、自在さが伝わってきます。(俵万智)
ほっこり、どっかり、声の力。震災をきっかけに、三陸海岸、大船渡のおんば(おばあちゃん)たちの力を借りて、啄木短歌を土地言葉訳して、100首! 立ち上がる、かつてない啄木像。俊英の詩人によるエッセイ、解説も必読。おんばの朗読が聴ける、QRコード付き!

ある女の子のための犬のお話

ダーチャ・マライーニ 著 / 望月紀子 訳 / さかたきよこ

イタリアを代表する作家のひとりであるダーチャ・マライーニによる子どもから読める挿絵入りの短篇集。
幼くして日本の強制収容所での生活を体験し、長年” 歴史のよみなおし” をしながら現実世界と向き合ってきた作家のメッセージを、犬という愛すべき生きものとの小さなドラマ(の花束)に込めて届けます。