注目の本

ある女の子のための犬のお話

ある女の子のための犬のお話

ダーチャ・マライーニ 著 / 望月紀子 訳 / さかたきよこ

イタリアを代表する作家のひとりであるダーチャ・マライーニによる子どもから読める挿絵入りの短篇集。
幼くして日本の強制収容所での生活を体験し、長年” 歴史のよみなおし” をしながら現実世界と向き合ってきた作家のメッセージを、犬という愛すべき生きものとの小さなドラマ(の花束)に込めて届けます。

東北おんば訳 石川啄木のうた

東北おんば訳 石川啄木のうた

新井高子 編著

「訳というのは、単なる言葉の置き換えではない、心の共有なのだと感じました。
 啄木の心を、おんばの声で聞くとき、東北の強さ、深さ、自在さが伝わってきます。(俵万智)
ほっこり、どっかり、声の力。震災をきっかけに、三陸海岸、大船渡のおんば(おばあちゃん)たちの力を借りて、啄木短歌を土地言葉訳して、100首! 立ち上がる、かつてない啄木像。俊英の詩人によるエッセイ、解説も必読。おんばの朗読が聴ける、QRコード付き!

好評既刊

梯明秀の物質哲学

梯明秀の物質哲学


全自然史の思想と戦時下抵抗の研究

中島吉弘

京都学派の経済哲学者として知られた梯明秀の本格的研究書。梯の戦時下における哲学の再評価と創造的復権をめざして、形而上学批判と根源的自然の復権というまったく新たな視点からその意義と射程を明らかにしようとする力作。

長倉洋海写真集 Hiromi Nagakura

長倉洋海

世界の紛争地を精力的に取材しながら市井に生きる人びとの姿を活写し、第一線で活躍しつづけている写真家・長倉洋海の新たな一面を提示する愛蔵版BOXセット。
EL SALVADOR/MASSOUD/SILK ROAD/“ko・do・mo” CHILDREN/ACROSS BORDERS