2012年8月アーカイブ

小社より写真集『故郷は戦場だった』(「琉球烈像」第1巻)を9月に刊行される山田實さんの写真展が沖縄県立博物館・美術館にて開催されます。「琉球烈像」監修者・仲里効さんが登壇されるシンポジウム、山田さんのギャラリートークも予定されております。93歳のいまもなお現役を貫く山田さんの作品と人物に迫る企画展、皆さまお誘い合わせのうえ、足をお運びいただければ幸いです。

山田實展 人と時の往来
[会期] 2012年9月11日(火)~11月4日(日)
[会場] 沖縄県立博物館・美術館
[開館時間] 9:00~18:00(金曜・土曜は20:00まで)、入場は閉館30分前まで
[休館日] 月曜日(ただし9月17日、10月8日は開館、翌火曜日休館)
[観覧料] 一般800(前売640)円、高大生500(前売400)円、小中生300(前売240)円
※70歳以上の方に限り、当日券20%割引、身分証の提示が必要
[プレイガイド]ミュージアムショップゆいむい、リウボウサービスカウンター、コープあぷれ、ファミリーマート各店(イープラス)、ローソン各店(Lコード:89820)、ジュンク堂書店那覇店、Booksきょうはん(美浜店・一日橋店・とよみ店・安謝店)、球陽堂書房(那覇メインプレイス店・西原シティ店)、TSUTAYA(那覇新都心店・首里店)

シンポジウム (入場無料)
[日時・会場]10月6日(土)14:00~17:00、博物館・美術館講堂
[パネリスト] 大城立裕氏、金城棟永氏、仲嶺絵里奈氏、仲里効氏

山田實氏ギャラリートーク (当日有効の観覧券が必要です)
[日時・会場]9月15日(土)15:00~16:00、企画ギャラリー内


くわしくは>>>>沖縄県立博物館・美術館

yamada_omote.jpg

yamada_ura.jpg

内村博信著『ベンヤミン 危機の思考――批評理論から歴史哲学へ』の書評が「週刊読書人」「図書新聞」に掲載されました。評者はいずれもベンヤミンについての書物を著わされているドイツ思想研究者、三島憲一氏、大宮勘一郎氏です。

「週刊読書人」8月17日(三島憲一氏)
dokusyo20120817.jpg

「図書新聞」8月18日(大宮勘一郎氏)
tosyo20120818.jpg

宮本常一著作集別集「私の日本地図」シリーズ第8巻『沖縄』の解説を書いてくださっている上江洲均さんが本書について中国新聞に寄稿されています。8月14日(火)掲載。ぜひ、ご購入の参考になさってください。

topics_uezu.jpg