2016年1月アーカイブ

《弊社刊行の「日本の民話」が原話です》
毎週日曜朝9時からテレビ東京系列で放映中の『ふるさと再生 日本の昔ばなし』の2月の放送予定をお知らせいたします。

2月7日
「おまん桜」......第51巻『美濃の民話 第一集』赤座憲久・編
「おその狐と鍛冶屋」......第26巻『房総の民話』高橋在久・編

2月14日
「ああ はくしょん ブー」......第43巻『日向の民話 第二集』比江島重孝・編

2月21日
「すり鉢売りの夢」......第71巻『佐賀の民話 第一集』宮地武彦・編
「キツネ女房」......第51巻『美濃の民話 第一集』赤座憲久・編

2月28日
「天狗のはなし」......第26巻『房総の民話』高橋在久・編
「勘右衛門とお姫さまのかけごろ」......第71巻『佐賀の民話 第一集』宮地武彦・編

※「天狗のはなし」は「天狗とじゃがいも」、「ああ はくしょん ブー」は「ああ はくしょん プー」にタイトル変更されています。
「東京新聞」1月17日号の「アートな本」欄で豊里友行写真集『オキナワンブルー――抗う海と集魂の唄』が紹介されました。沖縄の〈現在〉、とりわけ辺野古の闘争を撮ったものなど、写真による闘争です。→画像を表示

昨年8月刊行の四條知恵著『浦上の原爆の語り――永井隆からローマ教皇へ』が「週刊金曜日」1月15日号(1071号)にて紹介されました。
編集部の山村清二氏・選です。「今も論争が続く永井隆の『燔祭(はんさい)説』を受容した長崎・浦上の『語り』を分析し、語られなかった『痛み』を浮き彫りに。その手法に感心。」ありがとうございます!

『浦上の原爆の語り――永井隆からローマ教皇へ』
 昨年10月17日にジュンク堂那覇店で仲宗根勇『聞け!オキナワの声――闘争現場に立つ元裁判官が辺野古新基地と憲法クーデターを斬る』の刊行を記念しておこなわれた仲宗根勇トークショーの様子がYouTubeで見られるようになりました。辺野古での新基地建設阻止行動に立ち上がった市民の前でなされた演説を中心にまとめたこの本をめぐってさらなる熱いトークをぜひごらんください。とりわけ後半の仲宗根さんの盛り上がりはすごいです。

 アクセスは→こちら

このアーカイブについて

このページには、2016年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年12月です。

次のアーカイブは2016年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261