西谷能英『出版とは闘争である』が論創社より刊行されました。

| コメント(0) | トラックバック(0)
小社のホームページでも掲載してまいりました西谷能英の[出版文化再生]ブログのセレクト版がこのほど論創社より『出版とは闘争である』であるという書名で刊行されました。四六版ソフトカバー246ページ、本体価格2000円。前著『出版文化再生――あらためて本の力を考える』(未來社)刊行後の出版事情、出版界をふくむ社会への批判的エッセイ、書物にかんするさまざまなエピソードなどをそのつど書きためてきたエッセイをテーマ別に編集しなおし、注を加えた集成です。

オビには「出版の現在と未来/出版業界の衰退がいわれる今日、本作りの主体である〈編集者〉の在り方と〈出版人〉の果たすべき役割を[出版文化再生]ブログで問い続ける著者の辛口エッセイ!」となっています。

ぜひ読んでいただきたく、ご案内させていただきます。(西谷能英)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.miraisha.co.jp/mt/mt-tb.cgi/454

コメントする

このブログ記事について

このページは、未来社が2015年3月26日 12:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「紀伊國屋Kinoppyで電子書籍の配信が始まりました。」です。

次のブログ記事は「[新版]日本の民話シリーズのご案内」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261