「週刊文春」4月21日号にて『イサの氾濫』の書評が掲載されました。

| コメント(0) | トラックバック(0)
「週刊文春」4月21日号の「文春図書館」《私の読書日記》にて作家の池澤夏樹氏による木村友祐著『イサの氾濫』の書評が掲載されました。見開きの半分強の誌面を割いて、併録の「埋み火」にもふれてくださっています。ありがとうございます!

「東北大震災の後、東北地方には支援が集まった。(略)東北の人たちは感謝した。災害は人をいやでも弱者にする。(略)しかし、この構図にどこか違和感が混じる。(略)そのあたりの東北人の微妙な思いを正確に書いた小説である。」「東北人でないぼくにその資格があるか否かはともかく、方言を駆使したこの会話を声に出して読むくらいはできるし、それはなかなかの快感であるのだ。」


下北沢のB&Bさんで開催予定の温又柔さんと木村友祐さんのトークイベント「ニホンゴを揺さぶれ!~わたしたちの大切な〈訛り〉について~」(『イサの氾濫』刊行記念)は4月16日(土)です。こちらもぜひ!

『イサの氾濫』

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.miraisha.co.jp/mt/mt-tb.cgi/523

コメントする

このブログ記事について

このページは、未来社が2016年4月14日 10:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「すばる」5月号にて『イサの氾濫』の書評が掲載されました。」です。

次のブログ記事は「『ふるさと再生 日本の昔ばなし』5月の放送予定をお知らせいたします。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261