「新潮」6月号にて『イサの氾濫』書評が掲載されました。

| コメント(0) | トラックバック(0)
「新潮」6月号に「『がんばれニッポンっ!』という空白を埋める」と題して『イサの氾濫』の書評が掲載されました。評者は文芸評論家の岡和田晃氏です。ありがとうございます!

「(...)実際、『がんばれニッポンっ!』の裏にあった空白、震災当時は小さな違和感だったものは、今やナショナリズムや排外主義で埋め尽くされてしまうほどに、状況は悪化の一途をたどっている。被災地の内と外の関係性はどうしようもなく固定化してしまった。だったら蝦夷も、叫ぶしかない。叫んでいい。声なき従属民(サバルタン)のままではいられない。/カタストロフを経て固定化された、時間と空間の差異。併載された『埋み火』を読めば、それをいっそう明確に認識できるだろう」

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.miraisha.co.jp/mt/mt-tb.cgi/530

コメントする

このブログ記事について

このページは、未来社が2016年5月 9日 13:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「北海道新聞にて木村友祐さんインタビュー記事が掲載されました。」です。

次のブログ記事は「『イサの氾濫』書評掲載紙続報です。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261