『イサの氾濫』書評掲載紙続報です。

| コメント(0) | トラックバック(0)
時事通信配信で岡和田晃氏が書いてくださった『イサの氾濫』(木村友祐著)の書評記事が、5月7日(土)の「福島民報」にも掲載されました。ありがとうございます!

「安い『がんばれニッポン!』の掛け声で苦労を押し付けられている者、すべてが実はイサだった。責任を回避する『中央』への逆襲という、過激で痛快なビジョン。一方、それは確かな声で手触りのあるメッセージをも投げ掛けている。――おめは、生ぎでいいのせ、と。」


『イサの氾濫』

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.miraisha.co.jp/mt/mt-tb.cgi/531

コメントする

このブログ記事について

このページは、未来社が2016年5月16日 13:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「新潮」6月号にて『イサの氾濫』書評が掲載されました。」です。

次のブログ記事は「共同通信配信記事にて『イサの氾濫』書評が掲載されました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261