読売新聞夕刊にて『イサの氾濫』書評が掲載されました。

| コメント(0) | トラックバック(0)
5月2日(月)の読売新聞夕刊、小野正嗣氏の「文芸季評2016」にて、古川日出男『あるいは修羅の十億年』(集英社)、いとうせいこう『我々の恋愛』(講談社)、村田喜代子『焼野まで』(朝日新聞出版)とともに木村友祐『イサの氾濫』を取り上げていただきました。ありがとうございます!

「共感から発するとはいえ、震災で傷つき疲弊した東北に『がんばる』ことを強いる社会の雰囲気に対して、少なからぬ人が感じていた『違和感』に言葉を与えるこの作品は、大きな問いに、かき消えそうな小さな声をすくい上げることで応答する」。

タダジュンさんによる挿画もぜひご覧ください!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.miraisha.co.jp/mt/mt-tb.cgi/528

コメントする

このブログ記事について

このページは、未来社が2016年5月 6日 10:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「時事通信配信記事にて『イサの氾濫』書評が掲載されました。」です。

次のブログ記事は「北海道新聞にて木村友祐さんインタビュー記事が掲載されました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261