時事通信配信記事にて『イサの氾濫』書評が掲載されました。

| コメント(0) | トラックバック(0)
4月24日(日)の福井新聞、河北新報、神奈川新聞(時事通信配信記事)に『イサの氾濫』の書評が掲載されました。評者は文芸評論家の岡和田晃氏です。ありがとうございます!

「何もかもが津波に流されてしまったかのような、将司の寂寥たる心象風景。その絶望は、よるべを失った私たち自身の心を、そのまま映し出している。/だが、クライマックス、将司がその足跡を追いかけてきた叔父イサの破天荒なイメージが、真空にしっかりとくさびを打ち込む。まつろわぬもの、中央に反抗する蝦夷として、むき出しの自然や『生命そのものの奔放さ』を体現するのだ。イサと将司が一体になった、躍動感あふれる魂の叫びを聴き逃すな。」

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.miraisha.co.jp/mt/mt-tb.cgi/527

コメントする

このブログ記事について

このページは、未来社が2016年4月28日 17:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「週刊新潮」4月28日号にて『イサの氾濫』の書評が掲載されました。」です。

次のブログ記事は「読売新聞夕刊にて『イサの氾濫』書評が掲載されました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261