「週刊新潮」4月28日号にて『イサの氾濫』の書評が掲載されました。

| コメント(0) | トラックバック(0)
「週刊新潮」4月28日号にて文藝ジャーナリストの佐久間文子氏による木村友祐著『イサの氾濫』の書評が掲載されました。ありがとうございます!

「将司はイサになり、イサは複数になり、幻影の中で馬に乗って疾走するイサたちは、東京へ向けて怒りの矢を降らせる。そのとき私たちは、長いあいだ封じ込められていた心優しき人たちの声が、何重にも彼らを取り巻き反響するのを脳内で聞く」

『イサの氾濫』

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.miraisha.co.jp/mt/mt-tb.cgi/526

コメントする

このブログ記事について

このページは、未来社が2016年4月26日 10:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『イサの氾濫』 各紙誌にて書評が掲載されています」です。

次のブログ記事は「時事通信配信記事にて『イサの氾濫』書評が掲載されました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261