電子書籍をさらに2点をアップしました。

| コメント(0) | トラックバック(0)
4月に菅野昭正『小説と映画の世紀』の電子書籍化をおこないましたが、ご要望に応えてこのたび以下の2点を電子書籍化しました。まもなくアマゾン、紀伊國屋等で配信されます。

 齋藤雅俊『自己責任という暴力――コロナ禍にみる日本という国の怖さ』2000円+税
 野沢啓『言語隠喩論』2800円+税

いずれも単行本が好調です。あわせてご利用ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.miraisha.co.jp/mt/mt-tb.cgi/609

コメントする

このブログ記事について

このページは、未来社が2021年10月 7日 09:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「在庫僅少本フェア開催のお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261