北海道新聞にて『大地の哲学』書評が掲載されました。

| コメント(0) | トラックバック(0)
9月20日(日)北海道新聞にて岡和田晃さんによる『大地の哲学――アイヌ民族の精神文化に学ぶ』書評が掲載されました。
「足を使った取材は丹念で幅広く、アイヌの人々への聞き取りの成果は、世界各地の先住民族の合理的な伝統文化に重ね合わされ、より複合的な文脈で再構成される。それは一方、近代の植民地主義がもたらした暴力を露呈させる試みでもあった。」

文芸評論家の岡和田さんは「〈アイヌ〉に対する征服者としての痛みを背負いながら、グローバリズムと商業主義の暴力に裸一貫で立ち向かった作家」向井豊昭についての評論『向井豊昭の闘争――異種混交性(ハイブリディティ)の世界文学』(小社刊)の著者であり、『北の想像力――《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅』(寿郎社)『アイヌ民族否定論に抗する』(河出書房新社)の編著者でもあります。

この機会にぜひ、書店店頭にてお手にとってご覧ください。


大地の哲学――アイヌ民族の精神文化に学ぶ

向井豊昭の闘争――異種混交性(ハイブリディティ)の世界文学

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.miraisha.co.jp/mt/mt-tb.cgi/482

コメントする

このブログ記事について

このページは、未来社が2015年9月24日 19:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジュンク堂那覇店で仲宗根勇トークショーが開催されます。」です。

次のブログ記事は「『ふるさと再生 日本の昔ばなし』10月の放送予定をお知らせいたします。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261