永井潤子さんが『ダーチャと日本の強制収容所』をご紹介くださいました。

| コメント(0) | トラックバック(0)
ドイツ在住のジャーナリスト永井潤子さんが「みどりの1kWh」http://midori1kwh.de/2015/09/13/7332#moreにて、『ダーチャと日本の強制収容所』をご紹介くださいました。本書は3月の刊行以来、ご好評いただいております。未読のかたはぜひこの機会にお読みいただければ幸いです。

『ダーチャと日本の強制収容所』 望月紀子著


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.miraisha.co.jp/mt/mt-tb.cgi/480

コメントする

このブログ記事について

このページは、未来社が2015年9月14日 15:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「出版文化再生」ブログのつづきを書きました。」です。

次のブログ記事は「北海道新聞にて『大地の哲学』書評が掲載されました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261