朝日新聞にて『スタニスラフスキーとヨーガ』書評が掲載されました。

| コメント(0) | トラックバック(0)
10月4日(日)の朝日新聞に『スタニスラフスキーとヨーガ』の書評が掲載されました。書いてくださったのは劇作家・演出家の宮沢章夫氏です。ありがとうございます!
「少しとっつきにくい面もあるし、演劇の知識も要求されるが、これはどんでもなく面白い本だ。」「スタニスラフスキーシステムは、正直、私にはよく理解できない方法だが、そこに、俳優というより人間への深い追及の歴史を感じる。」

162ページの薄い本ですが、著者のチェルカッスキー氏渾身の一冊となっております。ぜひ、書店にてお求めください。

『スタニスラフスキーとヨーガ』

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.miraisha.co.jp/mt/mt-tb.cgi/486

コメントする

このブログ記事について

このページは、未来社が2015年10月 6日 11:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「共同通信配信記事にて『浦上の原爆の語り』書評が掲載されました。」です。

次のブログ記事は「熊本日日新聞にて『浦上の原爆の語り――永井隆からローマ教皇へ』書評が掲載されました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261