共同通信配信記事にて『浦上の原爆の語り』書評が掲載されました。

| コメント(0) | トラックバック(0)
9月27日(日)の中国新聞(共同通信配信記事)に『浦上の原爆の語り――永井隆からローマ教皇へ』の書評が掲載されました。書いてくださったのはメディア文化史・歴史社会学がご専門の山本昭宏氏です。ありがとうございます!
「著者の関心は『燔祭説』の当否にはない。あくまで浦上の人々に寄り添い、永井の『語り』を受容した理由を解読する。」「『原爆という出来事は、われわれのなかで、変容しつつ、いまも生み出されている』と著者。あらためて教えられた。」

戦後70年は8月15日で終わり、ではありません。
この機会にぜひ、書店店頭にてお手にとってご覧ください。

四條知恵著『浦上の原爆の語り――永井隆からローマ教皇へ』

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.miraisha.co.jp/mt/mt-tb.cgi/485

コメントする

このブログ記事について

このページは、未来社が2015年9月30日 14:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジュンク堂那覇店で仲宗根勇トークショーが開催されます。」です。

次のブログ記事は「朝日新聞にて『スタニスラフスキーとヨーガ』書評が掲載されました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261