デリダ『嘘の歴史 序説』訳者あとがき草稿掲載

| コメント(0) | トラックバック(0)
ジャック・デリダ『嘘の歴史 序説』がこのほど刊行されました。この本には訳者あとがきが掲載されていません。原出版社ガリレー社の担当者が、こういう文書の追加は不要であるという理由づけによるものです。どうしてそうなのかは不明です。読んでいただけばおわかりのことと思われますが、日本の読者のための最小限の紹介にすぎません。最近のこの種の問題については小社代表の西谷の論評「翻訳出版の危機」http://www.miraisha.co.jp/shuppan_bunka_saisei/2016/09/ii-18.htmlをごらんください。

くわしくは本書のページをごらんください。→http://www.miraisha.co.jp/np/isbn/9784624932701

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.miraisha.co.jp/mt/mt-tb.cgi/552

コメントする

このブログ記事について

このページは、未来社が2017年2月13日 12:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「季刊 未来」のリレー連載《オキナワをめぐる思想のラディックスを問う》が『沖縄思想のラディックス』として緊急刊行されます。」です。

次のブログ記事は「★写真家・高橋美香さんのトークイベントとパネル展開催のお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261